Webishブログ

未経験から海外でweb開発を目標に、必死に勉強している人のブログ

学習には波がある。

スポンサードリンク

どういう事か良く分からないタイトルだと思います。

 

端的に言うと

 

成長する波は、まるで睡眠の深さを表すグラフのように変化するという事です。

 

大体、人というのは面白い事に一定の間隔で成長します。

 

個人差は多少あれど、大体2〜3ヶ月毎に進化し続けます。

 

ソースは僕自身になりますが、実際毎日繰り返して2、3ヶ月もすれば何かしら進化はしています。

 

これは、僕が浪人していた時期から感じていた事で

 

受験勉強をしていても2ヶ月、3ヶ月を機に少しずつ知識の蓄積が感じられました。

 

当然、毎日ある程度の量をこなす必要はあるのですが、これは誰にでもいつでも起こる事です。

 

今僕はこうして、英語を勉強してきてそういった成長を感じてきたし、今尚エンジニアとしての成長を日々感じている。

 

これは実は小さいように見えて、かなり大きい。

 

 

気付いているだろうか。今もう6ヶ月になろうとしている事に。

 

一年の半分が終わろうとしているのである。

 

量にもよるが、人によってはこの半年で2回成長を遂げた者もいるのだ。

 

それに比べ、ボーッと過ごした人はその2回の成長を見送ってしまっただけにあらず、成長を遂げた人との決定的な差が生まれてしまったのだ。

 

同じレベルの人同士であれば、その差はかなり大きく、相手がサボらない限りなかなか縮まらない差である。

 

その事に気付けるか否かで、今頑張れるかどうかが決まると言っても過言ではないのではないだろうか。。

 

毎日二時間読書や勉強をする人と、しない人とでは半年でそれほどの差が生まれ

 

長い目で見れば、それはその後の人生を大きく変え、半年では追いつけないレベルの差が生まれてしまうのだ。

 

実は、サボるというのは身近にある最大の危険とも言えるのだ。

 

もちろん、できない日もあるだろうが、心構えとしてはそういう考えを頭に置いておかないと、どんどん取り残されてしまう。

 

そして、学習が進めば進むほど、上がり幅は下がっていく。

 

モチベーションはかなり落ちてくる時期がやってくる。

 

しかし、それでも負けずに努力できる人は、それでも2ヶ月毎に進化を遂げ、自分で気づくか気付かないかの速度で上がっていくのである。

 

周りが、ほとんど進歩してないやん!と言う中、頑張れば半年、1年後にはその人らでは絶対追いつけない領域に達しているのである(なぜならその人達はその進歩のない努力をできないからだ)

 

日々の努力と絶え間のない向上心と好奇心を持ち続ける事は人間的な成長に繋がる。

 

一年という時間は、少なくとも3、4回の進化の可能性を秘めているのである。

 

2ヶ月前、3ヶ月前の自分を思い出してみて、何か変化がある人は努力ができている人で、

 

変化があまりない人は努力ができていないか、変化が見えないレベルの高次元まで来てしまったかのどちらかでしかないのだ。