Webishブログ

未経験から海外でweb開発を目標に、必死に勉強している人のブログ

めちゃくちゃフリーランスを勧めてくる人はなんなのか。

スポンサードリンク

フリーランスになった方が稼げるという認識を持ってる人は最近増えて来てると思う。

 

僕自身もそう思う。

 

でも、よくよく考えてみたら、フリーになった方が稼げるのだったらみんなフリーになっているはずじゃないか。

 

そして、世の中から会社員というのが消えてしまうはずである。

 

たしかにそういう傾向は昔より増えて来ているが、フリーを勧める人たちの行動について、いろいろ考えてみた。

 

 

まず、何のフリーランスになるのか。

 

最近流行りの、今僕が書いているようなブロガーだろうか?

 

それとも、最近廃れて来始めたyoutuberとやらであろうか?

 

単体で売り込むライター? 全てを一人でこなすエンジニア?

 

どのフリーをするにしても、みんなやたらとフリーを勧めてくるのはなんだろうか?

 

会社員に恨みでもあるのかもしれない。毎日会社行きたくないよぉと言いながら行っていた日々に恨みがあるのかもしれない。

 

一番に謎なのが、それを他人に広めて自分になんの得があるのか。

 

そこがキーなのだ。

 

つまるところ、得があるからフリーを勧める。

 

じゃなければ、そこまで利益しか求めないと言い放つフリー屋が利益のない事をする訳がない。矛盾しすぎるのである。

 

ここまで考えれば自ずと見えてくるのは、フリー普及に努めている人たちというのは、利益が出ていないから、自分達を通して周りを巻き込む事で、自然と自分が上位になっていくという事をしているのだ。

 

ある種のマルチ的な要素が強い。

 

確かに、フリーは儲かると思う。変なマージンが発生しない分、自分の信用はそのまま自分のものにできるし、お金に関してもそうだ。

 

だが、それができている人たちが、フリーを普及するメリットがないのだ。ライバルが増えるだけなのだから。

 

例えるならば、お金の湧く泉を見つけて、みんなに「あそこに行けば金が湧き出てるぞ!」などと言うだろうか?

 

おそらく言わないだろう。

 

 

 

駄菓子菓子

 

少し見方を変えてみよう。

 

普及活動の裏にはもう一つの考えがある。

 

それはズバリ、普及活動そのものが仕事となっている人達もいると言う事だ。

 

これは特にエンジニアのフリーに多い気がするのだが

(最近だとyoutuber養成学校?なるものも出来ているらしい)

 

彼らをフリーにする援助をする事でお金に変えるという一つのビジネス形態が生まれている。

 

規模を大きくすれば、エンジニアを無料で育てると謳っているスクールなどは、育てたエンジニアを企業に送り込む事で、企業からマージンを頂くように、別のビジネス形態が生まれてしまった。

 

全ては、フリーランスの有名化のせいである。

 

そこで働く人達は、フリーランスではないという矛盾なのにも関わらず、我々は気付かないフリをして、享受し夢を追いかける・・・。

 

なかなか、おかしな世の中になってきたな・・・と思う。