Webishブログ

未経験から海外でweb開発を目標に、必死に勉強している人のブログ

毎日何かを必ずこなすという事の難易度

スポンサードリンク

世の中のほとんどのことに関して

 

毎日1時間、いや10分でもいいから本当に毎日繰り返す事で、何年か後には

 

その世界ではトップクラスになれるという話がある。

 

それこそ毎日で、時間に余裕がある時は何時間でもやるくらい好きでないといけない。

 

しかし、それを毎日こなす事で世界中の何千人、何億人という人を追い抜く事ができる。

 

だが、実際にはみんなそうしない。

 

それはなぜか。

 

単純に難しいのである。継続する事が。

 

継続する事の難しさは、その世界でトップクラスになるのに値する難易度だ。

 

どんな物事も、1万時間やればプロフェッショナルだと言われている。

 

1万時間・・・。

 

1日1時間なら 約27年間

1日2時間なら その半分の約13年半

 

逆に言えば、5年で達成しようと考えるなら

 

 

 

毎日 5時間半

 

 

5時間半、土日とか関係なく、継続する事ができればプロになれると言われている。

 

だが果たして、それは口にする程簡単な事なのだろうか?

 

毎日1時間もできない人が5時間半もできるだろうか?

そもそも、時間的にできない人もいる。

 

仕事をしていたら当然5時間など毎日できるものではない。

 

何百万人に一人のできる人とかを例に出さないでおくと、できる人はほぼ皆無と言ってもいいレベルだ。

 

だが、逆に仕事にしてしまえばどうだろうか

 

プロとは言えないが、見習いから仕事でやる。

 

毎日、嫌でも立ち向かわなくてはならないし、5時間と言わず8時間毎日立ち向かう必要が出てくるのである。

 

だがしかし、逆にそれによって嫌になってしまう事もある。

二度と触りたく無いとか、そういった負の気持ちも生み出される。

 

それでもやり続けた者だけがプロになれるのだ。

 

プロになった人はみな、嫌だと思いながらも乗り越えてきた経験をした者しかいないのだ。

 

僕自身、英語をすでに軽く1万時間は勉強してきたつもりではあるが、それだけでは全然足りない事も実感できたし、別のものをさらに1万時間かける事で

 

1万掛け1万で、1億倍の努力が必要とされる世界に行きたいと思っている。

 

(実は世の中には1億倍の世界をさらに越えた努力をしている人がゴマンといるのだが・・・)

 

しかし、先ほども言ったように1万時間を達成する事も難しい中、

 

2万時間を1万時間ずつ費やす事ができれば、それはそれは個人としては十分な能力を発揮する事ができるようになるだろう・・・。

 

今、どうしようかと思い悩んでいる大学生や、これから転職をしようと考える社会人、いろいろ新しい事に挑戦したい年配の方。

 

まずは、1年やってみればいい。それでダメならまた別のことを1年繰り返して、いけそうなやつを1万時間を目標にしてやってみるのがいいのではないか。

 

年齢とか考えなく、今すぐ始めてみましょう。だって、それはやりたい事のはずなのだから。