Webishブログ

未経験から海外でweb開発を目標に、必死に勉強している人のブログ

人の成長速度

スポンサードリンク

人の成長速度って、本当に人それぞれとかよく言われるけど、果たしてそうだろうか。

 

実際、人それぞれ好き嫌い、得手不得手はあるので、一部は真実であるかもしれない。

 

しかし、視野を敢えて狭めて見てみる。

 

仕事をする上で

 

例えば新卒で新入社員となると、全員がある意味スタートラインに立っている。

 

学校とかの成績とかになると、割と個人のレベルに沿った成長を見る事があるけど

 

仕事の場でそんな事をしていては恐らく周りの対応が変わって来ると思う。

 

例え、強制がない職場だとしても、上司からの無言の成長の期待や、周りが大変そうな中、成長しない自分に嫌気が差す事もあるだろう。

 

一緒に入った同期がどんどん先にいくと、自分の出来なさにうんざりする。

 

それは競争心とか、立場が変わるとかそういうのとは関係なく、自分の成長が遅い事に不安を抱くのだ。

 

これから何しても、もしかしたら全てにおいて自分は成長が遅いのではないか。

そんな事を考え始めるのである。

 

気にしなくていいと言われる事もあるだろう。

 

たしかに、気にしなくてもいい事ではあるが、仕事の上では会社に所属している以上、それが利益、不利益に繋がるかと考え出すと、いよいよのんびりもしていれなくなってしまう。

 

自分を追い込みすぎては、少しずつ心の病へと繋がるかもしれないが、これは何事においてもそうで、ある程度自分の成長を早送りする事を心掛けなければ

 

先には進めないのではないかと思ったので書こうと思いました。

 

自分の状況に置き換えて見ると

 

やはり、世のエンジニア不足?からなのか、会社の仕事量?からなのかは分かりませんが、どちらにしてもデキる人間が会社に来て欲しいと思うのは至極当然の事。

 

ましてや、エンジニアともなれば、1人が10人にも100人も勝てる世界でもありますので・・・。できるエンジニアは100人力にも及ぶのは本当なのだと最近身にしみて感じております・・・。

 

その中で流暢に構えているにも関わらず何もできない人がいたらさすがに「おい」となりますよね。

 

僕自身は学ぶ姿勢をまだ失ってもいなければ、まだギリギリ期待されている人間だとも思っている(自惚れ?笑)のだが

 

これがとうとう失われた人というのは、少しずつ会社から淘汰されていくような気もします。

 

なんだかこれを書くと、フリーランスがぁぁ!と声を荒げる人達に囲まれそうですがw

 

僕的には、別に会社にいてもいいと思いますし、会社にいるから好きな仕事ができないかと言われれば、そうでもないので、そこは別にフリーランスに拘る必要はないと思います。

 

ただ、このように周りの存在というのは、時に自分の成長速度を上げ下げする大きな要因になる事も忘れてはならないなぁと思った次第であります。

 

自分のモチベーションが下がらないようにする事も大事ですね。次はその事について書こうかな・・・。