Webishブログ

未経験から海外でweb開発を目標に、必死に勉強している人のブログ

これなんて言うの? 英単語が分からない程度なら自分で調べろ!

スポンサードリンク

今回は、これなんて言うの?って聞かれた時に思う僕の感想と、その聞き方に関する事について書こうと思います。

 

 

 

 

翻訳家は自動翻訳機械ではない。

 

よく、翻訳とかしてました。って言うと、定期的に「これなんて言うの?」って言うのを聞かれます。

 

それが単語レベルなら、自分で調べる方が早いと思うのだが・・・。

 

とは言いながらも、それなりに時間もかかるし、面倒な事でもあります。

 

しかし、それを聞くと言うのは、その面倒ごとをその人に委ねるという事と同意。

 

「知ってるんだから、調べる必要もないじゃん?」と思うかもしれませんが、その一つを答えるために何時間も何時間も血の滲むような努力をして、お金をもらってやるのが翻訳や通訳のお仕事です。

 

そのちょっとした一言を言うために勉強している訳ではないのです。

 

Web業界で働いてるんだから、Webなんてすぐ作れるでしょと言いながら頼んでくるのも同意で、そんな簡単なものじゃないんですよっていう事。

 

翻訳、確かに最近の翻訳ツールは精度がかなり上がっています。しかし、100%パーフェクトに行う事はほぼ不可能。

 

人の手が加えられる必要があります。

 

自動翻訳機械ではないのです。。

 

 

聞き方の問題  

もう一つが、聞いてくる単語のレベルについてです。

 

当然、その人が聞いて分からないor悩んだ単語を聞いてくる訳ですから、一筋縄ではいかなそうな単語が転がり込んでくる訳です。

 

こっちもそれを解消するためにそれなりに労力を使います。

 

こっちの意識の持ちようとも思えるのですが、少し思ったのは

 

「これってなんて言うの?」と聞かれるよりも

 

「これってどういう意味?」と聞かれる方が答えやすいなって言う事。

 

どう言う事かと言うと

 

一問一答のような物はない

当然ですが、日本語で一言で言える言葉も、英語にはそれに全く代わる、オルタナティブな言葉が存在しない事もあるんですよね。

 

四字熟語とかが顕著ですね。日本人からしたら、四文字で表現できる上に、一つ一つの漢字に意味が凝縮しているので、4文字もあれば大体意味が通じますが、それを英語に直すとなると、その状況を説明する言葉に取って替える必要があるんです。

 

なので、「なんて言うの?」って聞かれると、聞いてる人は一言で帰ってくると思ってるので簡単なんだって思われがちですが、実は想像以上に難しい事だったりします。

 

では、「どう言う意味?」と聞かれるとどうなのか。

 

つまり、その状況を説明してという感じなので、より答えやすいんですよね。

 

「なんて言うの?」って聞かれた時、自分の頭の中で「どう言う意味?」と聞かれたと置換してしまえばいいんですが、聞き手が一言での返事を期待していると思うと、それに答えようと必死に一言で言える言葉を頭の中をフルで動かして探すんですが、ある訳ないんですよね。

 

なので、どう言う意味?と聞かれる方が、こちらとしては気持ち的に答えやすいし、実際その方が正しく伝わるんですよね。

 

 

まぁ、聞く側にとったらそんなのどうでもいい事で、考えた事もないと思うので、無くなるとは思わないですが・・・w

 

何か一つ言葉を学んだ人であれば、この苦労が分かるので、そういう所を考えた聞き方をしてくれるのですが・・・。