Webishブログ

未経験から海外でweb開発を目標に、必死に勉強している人のブログ

優秀なエンジニアと一緒に働くと言うこと

スポンサードリンク

就職して、周りにとても優秀なエンジニアがたくさんいる中で、日々成長しているのですが

 

優秀なエンジニアが多くいる環境というのは、自分の人生の中での財産になると思います。

それに関して書いてみようかと思います。

 

主にエンジニアになりたてのヒヨッコから見た観点なので、そこら辺はご了承ください。

 

 

仕事ぶりから学ぶ

いくらネットがあると言っても、実際に優秀なエンジニアがどんな仕事っぷりをしているのかっていうのは分かりづらいです。

 

テレビで、オリンピックで金メダルを取った人が、涙を流しながら努力した事を話しても、実際どんな努力をしてきたのかほとんど分かる事はありませんよね。

 

毎日会って、その習慣や行動、練習以外の事を見て初めてその人の努力を体感できるものだと思います。

 

そう言う意味では、仕事仲間の行動というのは自分の気持ちや考え方に強く影響してくるものだと思います。

 

ましてや、エンジニアというのは自分の世界を持ってる人が多いというのが僕の個人的な考えで、こだわりや考え方に癖がある人が多いイメージでした。

 

そう言う意味では、優秀なエンジニアの仕事っぷりというのは恐らく、自分のこれからの働きかたに強い影響を与えるのだと思います。まさに父の背を見て育つじゃないですが、先輩の背中を見て育つというような感じです。

 

 

技術面

当然、働き方に関してもなんですが、技術の面での成長が半端ないです。

 

以前の記事でも書いたのですが、以前の会社では質問しても、ほとんど教えてもらえる事はありませんでした。

決して、以前一緒に働いていた彼が優秀ではないというつもりではないのですが、今の職場ではしっかりフォローアップがあり、やはり技術的にレベルも高いので、教え方も分かりやすくみんな余裕があるので優しい。

 

これも僕の人生に大きく関わりを持つ事になると思います。

 

もちろん、技術以外にも、仕事をする上でのノウハウなども分かってくるので、そう言う面でも優秀な人と働く事はとても有意義な事です。

 

自分が人よりすこ〜〜し優秀になったら、そういう事にも気をつけていこうという考えを今から考える事が多いです。

 

 

頑張れば自分も同じ土俵に立てそうという意識

これがなんだかんだ一番大きいかもしれません。

 

先輩とかがすごい頑張っていて、できる人が多いと、自分自身もそういう所まで行きたいと思っちゃうのが多分この業界の良い面でもあり、悪い面でもあると思います。

 

自分の世界にのめり込むあまりどんどん引き込まれていき、帰れなくなるみたいな事も・・・。

 

でも、それはある意味、会社一丸となって成長しているというような雰囲気につながるので、結果的に見ればそれはそれで良いと思います。

 

優秀な人の所に、優秀な人が集まる訳じゃなく、優秀になりそうorなりたい人が集まるっていうのがリアルなんじゃないかなと。

 

ただ、僕の持論ですが、優秀な人は自分のことを優秀とは思わないので、向上心が絶やされることがない

そう言う意味では、優秀な人の所に、優秀な人が集まるのも納得するかもしれません。

 

 

入社して今まで、先輩の知識量や、働きっぷり、そして向上心から得た一ヶ月目の成果として、僕は心意気を学ばせてもらいました。

 

次はこれに技術や、実際の成果、これからの新しい動きに向けて精進して行きたいなと思います。