Webishブログ

未経験から海外でweb開発を目標に、必死に勉強している人のブログ

比較級2[英語初学者向け]

スポンサードリンク

比較級2

 

引き続き、比較級について書いていこうと思います。

まだまだ比較級は覚えることが多く、なかなか難しいと思いますが頑張りましょう!

 

 

 

 

比較級には2種類ある

比較級には2種類あります。

一つは前回でも紹介した「普通の形」の 比較級になります。

more / less とかです。

 

もう一つが、最上級という比較級もあります。

more / less は、二つのものを比較するのに対し

比較級は大量のものの中で比較して、一番を表現する時に使います。

 

形としては

 

形容詞 | 比較級 | 最上級

 

という種類があります。

 

例:

He is tallest in this class.

(彼がクラスで一番背が高い)

 

例:

Vocaburary is the most important thing in studying the language.

(語学には、語彙が一番大事なものだ)

 

当然ですが、形容詞に関わっていきます。

 

最上級にはtheが付く

例を見てもらっても分かるかと思いますが、青文字でtheが存在していますよね。

こいつが曲者で、最上級の比較にはtheが原則付きます

 

しかし、最上級につくとはどういうことでしょうか? 

 

 

theというのは基本的には名詞に付くものです。

実は、最上級の比較がついた形容詞の後ろには、名詞が省略されることが多いのです。

例:

He is the most arrogant (person) in this group.

(彼は一番傲慢だ)

 

このようにpersonなど、名詞が省略されているので、theは名詞についているという理論に則っているのです。

 

そしてさらに踏み入れた事を言うと

 

形容詞だけなら最上級でもtheはいらないと言う事

 

例:

Talking to the parents is most important.

(両親と会話をする事は一番重要だ。)

 

このように、形容詞だけでいい時はtheがいりません。

ただ、多分どの形容詞がtheがいらないのかーとか分からないと思います。

なので、

形容詞だけで良い時は、最上級でもtheがいらない

と覚えておいてくれれば、きっと英文を読んでいる時分かると思います。

 

 

形容詞が変化する

形容詞にも依るのですが、形容詞が比較級に変化するものがあります。

変化しないものは形容詞の前に「more / less」などが付きます。

 

例:

You are more economy than he.

(君は、彼より倹約家だね)

 

変化する形容詞は以下の物があります。

 

元の形容詞 比較級 最上級
wise wiser wisest
cute cuter cutest
nice nicer nicest
good better best
bad worse worst

 

このように変化します。他の形容詞も変化するものがあるので、使う前に一度調べる癖をつけておくと良いと思います。(辞書に比較級の形で載っています)

 

ちなみに、下2つを見てもらったら分かると思いますが、全く別物になっているものも無くはありません。

 

使い方としては、同じなのですが形が全然違うというのが比較級のややこしいところです。

 

 

例外的な比較

実は、比較は全て、moreやas ~ asだけで表される訳ではありません。 

少し特殊な表現の仕方

 

prior to ~ 〜に先立って

surprior to ~ 〜より優れている

inferior to ~ 〜より劣っている

 

こういったものもあります。

これらは形とかは無く、to の後の名詞と比べてどうなのか を表しています。

 

例えばprior toの場合

 

例:

Your turn is prior to mine.

(僕より、君の方が(順番が)先だよ)

 

これらはあくまで例外で、「例外で比較する方法もある」と言う事だけ頭の片隅に置いておくのがいいと思います。

学習を進めていくうちに深く知る機会もあると思うので、そこでガッツリ覚えるのが吉かと思います。

まずは基本の比較を覚えましょう!

 

 

まとめ

  • 比較には2種類ある(比較級、最上級)
  • 最上級にはtheをつける事が多い(名詞が省略されている事が多い)
  • つけない場合は、最上級の形容詞だけで表現している場合
  • 比較級には、完全に形が変わるものがあるので辞書で調べる癖をつける
  • 例外的な比較で、比較級を使わずに比較する方法もある

 

以上になります!

もう少し比較は深くやりたいとこなのですが、僕の説明がまだそこまで上手くないのと、字数の問題(多すぎると読む気が失せそうw)なので、ここで一旦比較は終わろうと思います!