Webishブログ

未経験から海外でweb開発を目標に、必死に勉強している人のブログ

ソフトバンクが副業可能になったという噂を聞いて

スポンサードリンク

ソフトバンクが先日、副業可能になったという事を聞きました。

 

ツイッターで見たいくつかの意見では

 

「良いと思う。丸々抱えられる自信がない企業が副業禁止にする意味が分からない」

「副業で本業がおろそかになるのなら、本業をクビにするようになればいい」

 

といった意見が湧き出る。

 

ご尤もとも思うのだが

 

そもそもなぜ、副業は禁止なのだろうか・・・?

 

http://お金が無い.jp/earn-money/25689/

 

こちらのブログでは、副業は法律的に禁止ではないという。

つまり、副業が禁止の理由は、本業を疎かにされては困るという理由だけなのだなと思った。

 

 

しかし、副業を許されるという事は、とても良い事だと言うのが僕の考えで、ここで纏めてみようと思う。

 

 

 

選択制なのだから、みんなが副業する必要はない

当然、逆に「副業強制!!」といったらそれはそれでまた問題になりそうなので

選択制にするというのはとても良い選択だと思う。

スキルがある人は、とても意識が高く、いろんな形で実力を発揮したいと思う人も多い。(某実業家のように)

そう言う人たちに、その機会を与えるというのは企業として、別の形でその社員を守っているというようにも見える。

 

スキルがある分、他の人より短い期間で結果を出せる。

スキルがある人に多くの場所で発揮させる事で、日本が全体的に活性化されていくと思う。

 

そうは言っても自社を伸ばしたい(=社員を囲いたい)と思う会社も多い。

スキルがある人を自社だけで囲って、外に出したくないと考える企業も多いのは事実だし、実際それが今の状況を生み出している。

 

しかし、逆に考えれば副業として働ける選択肢がある会社の方が、スキルがある人も働きやすくなり、外に行くという事もないんじゃないかなとも考える。

(浅はかかもしれないが、そこで認められれば、自社の注目度も広がる気がする)

 

もちろん「副業を可能にする」ことで、外に行って戻ってこないという一つのリスクもあるかもしれないが、副業する事で多くの企業が助かると、上記の理由で巡り巡って結果的に自社が大きくなるとも思う。

 

広い目を持つor考えられる企業がやっぱ大きくなる

ソフトバンクはすでに大企業で、日本でもかなり名が知られているが、結局そういう取り組みを取り入れるのも、リスクも多い為、大企業が先駆者になる事が多い。

これからは、「ソフトバンクがやっているのなら!」と見習って、多くの企業が副業可になるはず。

 

これは普通に良い事ではないかなぁと個人的には思う。

 

 

でも他会社からしたら、「余計な事を!」と思ってるかも・・・。