Webishブログ

未経験から海外でweb開発を目標に、必死に勉強している人のブログ

一ヶ月二週間が経ちました。

スポンサードリンク

Android開発を初めて一ヶ月半が経ち、思った事をまとめてみようかと。

 

 

 

 

一ヶ月半前と比べて見て

何か変わったかと言われれば、Android開発の流れみたいなものが掴めたという事と

Javaの言語の特性に慣れて来たという感じです。

ただ、やはりこれは開発を続けてきた人との大きな差だと感じるところは

Java SDK にあるクラスを把握していないため、書く時も読む時も大変と言う事。

 

しかし、これは開発を続けていけばなんとかなると思う。

 

 

難しいと感じるところ

Webと違って、画面遷移一つ一つが難しいというのを感じた。

Webだと、Routesを指定すればいいだけのところもあるけど

Androidでの画面遷移はIntentを使って遷移するため、その仕組みを理解していないとやはりキツイ。

まだ、遷移が激しいものを作ってないので、ただ慣れてないだけだと思うけど。

 

あと、Webと決定的に違うのは、ウィジェットがあると言う事。

iPhoneにもないので、唯一Androidにだけある唯一無二の存在。

こいつがなかなか曲者だと思う・・・。

正直、全然理解できない・・・。もしかしたら二週間くらい勉強続けてたらわかるようになって来るのかもしれないけど・・・。

 

 

就職はどうなるか

正直、Android開発でいきなり就職は無理だと思う。

圧倒的にWebと違う事が多く、HTMLを使うWebに対し、ネイティブアプリの場合XMLを使うので、Webを作るために学んだ事を同じようにアプリでも学び直さないといけないなと感じている。(DBとの連携もWebとは違うのでそこも学び直す必要がある) 

個人的には、自分はWeb寄りなような感じがするので、Web開発からアプリ開発に入って行くという王道パターンになるかもしれない。

むしろ、そっちの方が個人的には良い(笑)

 

 

授業的にはどうなのか

授業はかなりばらつきがある感じ。

というのも、全員に合わせて行く感じなので、めちゃくちゃ簡単で五分で終わりそうな事にも1時間使ったりとかザラかと思えば、めっちゃ悩む所でもバーっと説明して誰も質問せずに終わってしまって、「えぇ!?」となる事もしばしば。

 

簡単な事なら、他の人も質問するので時間が長引く事が多いのだが、難しすぎると質問もしなくて一瞬で終わるのだ。

 

これは正直、ヤバいというか、エンジニアとしてあかん事態に陥ってると思う。

しかも、質問する人がみんなに役立つ質問をするのならいいのだが、大半が自分のエラーが解消できないって事(自分のスペルミスとか設定ミスだったというパターンばっかりなのに学習せずに毎回聞くためかなり遅れる)

 

正直、プログラミングとかは教室で勉強するもんじゃないなと思った。

 

 

 

 

しかし、 結果的に今のところ、Javaに触れる事もできて、Android開発の流れや特性なども学ぶ事ができて、今まで知らなかった事も学ぶ事ができたので、現段階ではまぁまぁ良かったと思えるくらいではある。

 

あとは、就職を決める必要があると言う事ですね・・・。

 

誰か海を股に掛ける海外エンジニアと連携する自称エンジニアを雇ってくれええ・・・っ!