Webishブログ

未経験から海外でweb開発を目標に、必死に勉強している人のブログ

ポートフォリオを作っていて自分が何をしたいのか考え直した。

スポンサードリンク

転職活動をしていて、何をしなきゃいけないかを考えていた。

 

まず真っ先に頭に浮かんだのは

 

1.技術の向上

これは当然だと思う。

まず、技術ありきの仕事な訳だから、最低限自分でやらなきゃいけない事をやっていきたいと思う。

それをなんとかアピールしないといけないというのもあるけど、今ある力しかアピールできないので、その時その時が勝負かな。

 

 

2.面接

これも当然だと思う。

できるだけ面接の対応に関しても考えて行く必要はあるから、一応自分のことを説明できるようにしておいたり、聞いた方がいい質問などを用意して行くしかないと思う。

 

この二つに加え、エンジニア・デザイナーであれば必ず必要なものがある。

 

 

そう

 

 

 

 

ポートフォリオである。

 

 

 

 

これも重要な採用基準に繋がる。

むしろ、採用側は履歴書や経歴書よりこっちを重視してる人もいるのではないでしょうか?

 

デザイナーであれば、自分のデザインを全面に押し出したページを作る事で面接官にどのようなデザイン傾向があるかというのを伝える事ができるし

 

エンジニアであれば、どういうプロジェクトに関わってきて、どういうものを作ってきたかというのの証明になる。

 

ポートフォリオは、言葉を使わずに自分を表現する最大限の自分の「説明書」である。

そう自分の分身なのだ。

 

これがあるのとないのとでは、面接官の印象もかなり変わってくる。

 

と言う事で、僕もポートフォリオを急いで作ってみました。(面接で持ってこいと言われて気付いたw)

 

 

 

 

ポートフォリオを作るにあたって使った物

まず、HTML/CSSで皮の部分を作りました。

デザイン性は全くないので、Bootstrapを使用し、いい感じに仕上げました。

そして、アップロードに関しては別記事

 

www.webish-developer.com

 

でも紹介した、Githubに打ち上げ。

ここでタイムアップとなりましたが

今後はJavaScriptを使って、いい感じにしていけたらいいなぁと思います。(※JSはほとんど触った事がない)

 

 

作っていて思った事

Githubの性質上、DBを使った動的アプリはアップできないという事らしい。

なので、基本的に静的なページになってしまうのだけれども、ポートフォリオであれば特に問題はない。

そして、作っていて思ったのは、

 

「あれ、意外とマークアップ楽しい・・・!?」

 

と言う事でした。

多分、知識的なものがマークアップの方が強いから、そう感じるのかもしれないけど

とにかく作ってる時は楽しい! ひたすらどうすればいいどうすればいい?と自問自答しながら調べてこね回して行く感じが、粘土遊びしてるみたいで楽しかった。

 

恐らく、同じ事をRailsなりのバックエンド側でする事ができたらもっと楽しいのかもしれないけど。。

 

 

自分がどっちに向いてるか

 

 

 

そんなのは作ってみないと分かりまへん!!

 

 

 

 

と、まぁ一蹴されたらそれまでなんだけど

少なくとも今僕は、フロントエンドでやるのが結構楽しかったりします。

 

でも、気持ち的にはもっとDB使えるようになりたいとか、Railsでできる事を増やしていきたいとか、Djangoを使いこなすカッコいいダンディになりたいみたいな気持ちもある。

 

結局、作れたら僕はなんでも楽しいのかもしれません。

 

 

自分に対して思う事

我ながら損な性格だなぁと思うのは

 

できるようにならないと、その物の良さを理解した事にならないと思い込んでしまっている事

 

だと思う。

 

今でこそ思うのは、英語を勉強していて、ここまで英語をできるようになって、会う人の8割くらいに「英語すごいですね」って言われるくらいになって初めて、僕は英語が好きだったと思うし、自分が「できる」という喜びを英語に対して感じれたのだと思った。

 

これを別の領域で活かす事ができれば、またその分野でも自分の喜びを増やせると思うし、それらを使う事で別の喜びを見つける事もできると思う。

 

ただ、それをできるようになるまでは、自分を信じれない。行なった先にある自分にしか、分からない事だと思う。

 

だから、今はマークアップが楽しいけれども、もしかしたらバックエンドでサーバーをイジってる方が楽しく感じるかもしれない。そう思った時に、真に自分がやってて楽しい(続けられる?)と思うものに出会えるのかなぁ・・・。

 

切れ味悪い感じになったけど、こんな感じのことをポートフォリオを作ってて思いました。