Webishブログ

未経験から海外でweb開発を目標に、必死に勉強している人のブログ

誰でもバイリンガルになれるのか 

スポンサードリンク

バイリンガルという言葉を聞いた事はあると思う。

 

よくバイリンガルは2ヶ国語を使う人と思われている。

 

だが、それぞれの言語をどれほど使えればバイリンガルになるのかはまだまだ不明瞭である。

しかしこれだけは言える。小さい頃に学んだ事は、大人になって学ぶ人とおおいに違う事が多い。

 

詳しく見ていこう。

 

 

 

バイリンガルは努力していない?

 

よく勘違いされているのですが、「バイリンガルは子供の頃から慣れ親しんでるから言語学習で苦労していない。」と思われる事が多い。

 

しかし、これは大きな間違いである。

周りのバイリンガルと話をすると次のような事を聞く。

 

恐らく、これを読んでる人の多くは日本人であると思うから、日本語で苦労した事がないため、自分より英語ができる人に対して

単純に「英語が自分より優れていて、いいなぁ」という羨望の目になるのだが

 

しかし、もし帰国子女とかの場合、彼らは現地で現地の言葉で話をし、現地で過ごしているので、日本語を話す機会があまりない中で、日本に来て皆さんと出会っている可能性が高い。

日本語に対しての感情が、みなさんが英語に対する感情に近い人も多いのだ

 

それに加え、子供の頃から日本語もできるように(衰えないように)現地の日本語学校で勉強している人も少なくないと聞く。

 

決して、努力や悔しい思いをせずにここまで来ている訳ではないのだ。

そこら辺を勘違いしてはいけないのである。

 

 

そもそも、どこからがバイリンガル?

上で紹介したバイリンガルは、帰国子女という現地で幼少期を過ごした人の事を指していたのだが

では、帰国子女でなければバイリンガルではないのか?

 

そんな事はない。

 

バイリンガルは、Bilingual(Bi →2を表す Linguage →言語)という言葉からも分かるように、2つの言語を使える人の事を指す。

2つ以上の言語になると、マルチリンガルとなるので、2言語の場合バイリンガルと呼ぶ。

 

日本でも英語を勉強している人は、もれなくみんなバイリンガルなのだ。やったね!

 

なので、勉強中の人は、「えー私バイリンガルじゃないよ!」なんて言ってはいけないのである。その手の人からボコボコにされます。

 

どれほど言語を使えればバイリンガルになるのか?

 

一つの言語は当然母国語になる。母国語というのは実は全ての人に1つというのが決まりになっているので、母国語が2つあるという人はいないのである。

 

(当然だが、物事を考えるのに、その物事に対して考えやすい言語はあるので、母国語じゃなくても使いこなせる言語で考える事はある)

 

つまり、一つの言語は確実に母国語として使えるとして、二つ目の言語がどれほど使えるのかという所で、意見が分かれるのである。

 

 

こちらの本を参考にすると

 

バランスバイリンガル 両言語が、年相応のレベルで使える状態のバイリンガル
ドミナントバイリンガル 片方の言語が年相応まで至っていない状態のバイリンガル
ダブルリミテッドバイリンガル 両言語が年相応に至っていない状態のバイリンガル

 

 

これに当てはめると、ほとんどの人がドミナントバイリンガルになる。

勉強をしている人は、ドミナントバイリンガルなのだ。やったね!

 

僕も、ドミナントバイリンガルになる。

このように、誰でもバイリンガルと名乗っても問題はないのだ。

 

 

個人的に(まとめ)

バイリンガルの定義は上で見てもらったら、理解できるが

かと言って、僕は「自分をバイリンガルです」と紹介できる程、自信家ではない。

(決して紹介してる人を自信家と言ってる訳ではなく、自分の中でのバイリンガルと言えるレベルに達していないため自信がないだけ)

 

でも、それは誰に対して言うかだと思う。

この際自分が考えているバイリンガルに当てはめる必要はなく

 

全く英語ができない、「Are you stupid?」と聞かれても(:△)←こんな顔になる人に対しては、「はい、バイリンガルです」と答えます。(例え、心の中で違うと思っていても)

 

しかし、相手がもし英語で議論ふっかけてくるような人に対しては「いえ、違います。まだまだです」と言ってしまう。

 

なんだ、弱いものに対してだけ強く見せるのか。と思われるかもしれないが

前者の人に関しては、僕がバイリンガルだと知って、もしかしたら英語が必要な場面で僕を頼れると思えれば、それはそれでハッピーじゃないですか。

後者の人は、僕を頼らずとも、問答無用で自分で解決します。

 

なので僕は、「僕がいる事で助けられるかどうか」を考えて、この発言をしています。

(もちろん、頼られても頼りにならない事もあるけどw)