Webishブログ

未経験から海外でweb開発を目標に、必死に勉強している人のブログ

日本人が英語を読む時に見落とす「小さいけれど大事な事」

スポンサードリンク

人が英文を読む機会が最近少しあって

 

そんな長い文章、いやむしろ文章ではなく単語レベルで英単語を読むのを聞くのだが

多くの人に共通して「無視される事」がある。

 

これは僕が留学して勉強していた時もよく聞いていたのだが、

 

少し考えれば分かる事だし、どれくらい大事なのかは英語を勉強していれば分かるはずなのに、なぜか見落とされる。

 

 

それはズバリ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「複数形や三単現の語尾についてるSを落としすぎ」

 

 

 

 

 

 

 

これです。

 

ズバリこれです。

 

なぜ、落とすのか。

 

英語には、その単語(名詞)を聞いた時に思い浮かべる映像があるのだが、それが「何がトリガーになって」思い浮かべる事ができるのかを考えれば、落とすはずがないのだ。

 

だって、Sがあるかないかだけで、イメージがかなり大きく変わる事が分かっていれば落とす事はないですし

三単現のSにしてもそれがあるかないかで、主語がなんなのかを明確に判断する材料になるのでとても重要になってきます。何より文法上、ないとおかしいので、落とす事はできないのです。

 

それなのになぜ落とすのか・・・。

 

 

理由を考えてみた結果

 

日本人には、気にする必要がないと思ってるが故に目に入らないと言う事だという結論に至った。

見たくない物には蓋をするじゃないけど、本当に見えなくなるそうで

 

例えば

 

references

という単語を見た時、「リファレンスィーズ」と言う風に発音するのに、「リファレンス」で止めてしまう人が多い。

 

差し支えない文脈なら問題ないだが、それで文脈が大きく変わる事がある。そんな時にsがない事で第3次世界大戦が勃発する事もありうるのだ。(いや、ない)

 

かなり大事な事と言う事は伝わったと思うのだが、なぜか発音されない。

 

もちろん、最後のsが発音されない単語もあるけど、けど!

 

それはそれとして、

むしろ逆に「発音しなくてもいいはずのSを発音しちゃった、てへっ☆」 ってなってほしいのである!!!

 

なぜ、例外の方を一般化してしまうのか!!

 

なぜ、言わないといけないSを省略するのが普通になっているのか!!

 

三単現のSなんかは、人の英文をよく添削している人からしたら絶対に見落とせないものなので、気になってしょうがないしょうがない。

 

これを機に、今まで気にした事なかった人はしっかり見て、発音してほしいですね。

ま、まぁ英語の勉強をメインにしている人ではない人に言うのも酷な話ですが・・・。

 

 

ところで 

軽く疑問なのだが、Sを落とす人は過去形や複数形で形が変わる単語に関して、どのような目線で見ているのだろう・・・?

 

「あっ、なんか違うのあるわぁ」って感じなのだろうか・・・。