Webishブログ

未経験から海外でweb開発を目標に、必死に勉強している人のブログ

多読の仕方と有用性[英語中級者向け]

スポンサードリンク

多読

 

多読は英語学習に避けては通れない道というのはよく言われます。

しかし、どこから多読を始めればいいのか。どのレベルから読み始めればいいのか。

読み続けられないといった悩みがいくつも存在します。

 

これらについて書いて行こうと思います。

 

 

 

 

多読はどれくらい効果があるのか?

 

僕が聞いた所によれば、300万字を読んだ辺りから効果はあると言われています。

100万字を区切りに段階的な効果はあるらしいのですが、300万が一つの境になっているようです。

(ちなみに僕は学生時代約100万字、それ以外でハリーポッター(Harry Potter and the Philosopher's Stone)を読んでいたので200万くらいは読んでると思います。(試験の英語も含めるともっとあると思います))

 

300万という数字に少し驚く事もあるかもしれません。

しかし、逆に数行読んだくらいで効果があるなら、苦労しませんよね・・・。受験時に数行どころか、数千行は読んでる人もいるだろうし、そんな簡単に結果は出ません。

 

しかし、読むという事は、それだけ英語を処理できるという事であり、一番脳の中の英語の回路を作るのに適しているのは、英語の速読とも言われています。

 

300万は大変かもしれませんが、これはやる価値があると断言できます。

 

 

 

 

どういう本を読めばいいの?

SSS推薦・多読用基本洋書のご紹介

 

こちらで紹介されているように、語彙力で判断するのがいいのではないかと思います。

ちなみに、どの本が良くて、どのレベルが適切なのかについては

 

youshoyomi.info

 

こちらの方の記事が参考になるかと思います。

これらは多読学習用に専門の研究機関が手に塩をかけて作った本になっているので、順番に読んでいくとそれだけでも読解力が上がるの間違いなしです。

 

1冊1冊買って来たらお金かかりすぎるので、図書館で借りたり国際センターみたいな所があれば、何冊か用意されていたりします。

 

ちなみに、読み始めて「面白くない」と感じた本に関してはすぐに止めていいと思います。面白くない本をいつまでも読んでも苦痛でしかありませんしね。

そういう意味では、ハリーポッターなどは割と万人受けするので、いいかもしれません。(もちろん全ての人が好きな訳じゃないですが)

東野圭吾さんが好きな人には、「Devotion of Suspect X」こういった本もあったりするのでオススメです。

 

 

 どれくらいの頻度で読むべきか

 

読めば読むほどいいのは当たり前ですが

最低でも、1日に数十分は読んだ方がいいです。頭が切り替わるのは読み始めて少なくとも10分くらいはかかると思うので、毎日の通勤、通学時間などで30分とかの人はその時間だけでも読むと全然違います。

ただ、物語系を読むとキリのいい所じゃないと止めにくいので、そういう短時間で読むとしたら新聞の一記事であったり、雑誌であったり、ネットの記事を読むのもいいかもしれません。

 

 

原書はいつから?

 

上で紹介した多読用の本とは違って、原書はレベルが違います。

分かりやすく例えると

 

多読本 → ドラクエの最初に出てくるレベル上げ要員として大量生産されて、後々ポイされる排他的な生き物

 

原書 → 密林に住む、弱肉強食の世界を生き抜いて来た、村人に恐れられる化物

 

というちょっと分かりにくい例えになっちゃいましたが、これくらいのレベルの差があります。不用意に足を踏み入れては、喰われます(マジで)

二度と読めない体になりたいのなら、踏み入れてみるのいいかもしれませんが、長居は無用です。

しかし、いずれは立ち向かえる体になります。多読本で鍛え上げれば、即死は免れる体になると思われます。

実は僕自身も、この密林で息を潜めて強者が通りすぎるのを待つような生活をするレベルです。しかし、それでもまだ行きていけます。

密林の恐怖を知ったが最後、再び入る事が怖くなるかもしれません。

 

 

 

・・・と、ここまで散々脅しましたが、正直読んでも意味分からない程度なので安心してくださいw

単語レベル、言い回し、話の流れ、そして量。これらのボリュームに圧倒されてしまう程度ですので、一度チャレンジしてどの程度自分に足りてないかを実感するのもいいかもしれません。

 

で、結局いつから読み始めればいいんだって話ですが

 

分かりやすくいうと

  1. (多読本で)分からない単語があってもビビらず読み進める度胸がある
  2. 多読本ではほとんど文法的に分からない文章はない(内容が分からないのはしょうがない)
  3. 英検1級レベルの語彙力がある
  4. (多読本で)1万5000語〜2万語の本でも億劫なく読み進めれる気力がある

この辺りを抑えている人なら読んでもいいのではないでしょうか。

僕もこのレベルから読み始めて、なんとか生き残っているので・・・。

 

終わり

 

多読の道は長く険しいです。

多読が始まってからが本当の英語学習と言っても過言ではないくらいです。

上級者になると、500万語、600万語、挙げ句の果てには1000万語を読んでる(というか、そのレベルになると多読という意識ではなく、生活の一部)という猛者もいるくらいなので、あまり上ばかり見ず、自分に合ったペースで、自分の好きな本をどんどん読み進めて行ければいいと思います!