Webishブログ

未経験から海外でweb開発を目標に、必死に勉強している人のブログ

完全文・不完全文[英語初学者向け]

スポンサードリンク

完全文・不完全文

 

今回は、完全文・不完全文について話そうと思います。

 

 

 

 

完全文・不完全文とは(日本語)

 

まず初めに、この二つは今後説明して行く関係詞の説明を読む時、この2つを理解しておくと関係詞の理解がかなり上がります。かなり密接したものなので、関係詞をクリアする鍵になります。

 

では、説明して行きます。

 

完全文というのは、つまり一言でいうと、抜けのない文章の事です。

例を見てみましょう。

 

日本語で例を見てみましょう。

 

例:本を持っています。

 

理解できますね。日本語だからという事ではなく、完全文だから理解できるという事です。

では、日本語の不完全文を見てみましょう。

 

例:を持っています。

 

はい、理解できませんね。不完全文だからです。つまり、「何を」の部分が抜けているんです。何をの部分がないと完全ではないですね。なので、不完全文と呼ばれるのです。

 

 

完全文・不完全文とは(英語)

 

では、英語で見てみましょう。

 

例:I have books.

 

抜けがないですね? え? 抜けの有無はどこで判断すればいいかって?

不完全文を見れば分かるかもしれません。

では、上の文章の不完全文(にしたもの)を見てみます。

 

例:I have.

 

上の文章を見てから、下の文章を見ればわかりやすいかと思います。

はい、booksがあるかないかなのです。

 

つまり、booksがあれば上の文章は完全文。ないと不完全文という事になります。

え? 毎回、booksが出てくる文章はねぇよ!って?

 

そう、これはbooksがhaveの目的語になっているのです。つまり、目的語であればbooksじゃなくてもいいんです。

 

例:I like a cat.

 

さて、likeは自動詞でしょうか?他動詞でしょうか?

自動詞か他動詞を見分ける方法は、その動詞を使って、誰かに問いかけてみてください。

 

例えば、likeであれば、「好き?」と相手に問いかけると、相手は必ず「何を?」と答えてきますよね。この何を?の部分が目的語になります。

 

例:食べる? → 何を? → eatは他動詞

例2:持ってる? → 何を? → haveは他動詞

例3:行く? → どこへ? →(何を?じゃないので)goは自動詞

 

と言う事になります。

という事は、likeは他動詞ですよね? つまり目的語が必要になるわけなのです。

でも、不完全文の方には目的語がないんですよ。

 

 

不完全にするには目的語を抜けばいいのか?

 

そう言うわけでもないのです。

主語を抜いても不完全文になります。

 

例えば

 

例:played the sport.

 

誰が!?となりますよね。(これは、英語を学ぶ上で浮かばなければならない疑問です)

 

例2:could walk around the park.

 

主語が抜けてる文章は、読んでいて違和感に感じなくてはいけません。意図的に省略している場合ももちろんありますが、それは上級者になってから意識すればいい事なので、今回は割愛します。

 

 

どう言う時に使うのか?

 

完全文は分かりますよね。

普通に文章作る際に、考えなくても完全文になります。

 

でも、不完全文はどう言う時に使うのか?

というのも、上の例を見てみると分かると思いますが、不完全文は何が書いてあるのか分からないですよね。

 

そう、これらを使う場所はズバリ、「関係詞」にあるのです。

なので、冒頭でも言ったように、関係詞を理解する上で重要になってくるのです。

 

完全文も関係詞で利用するので、必ず不完全文だけ使われるという訳ではありません。

 

 

まとめ

 

  1. 完全文 → 抜けのない文章
  2. 不完全文 → 主語や目的語が抜けている文章
  3. これらを使う場面は、関係詞が強く関係してくる。

これらをまず抑えた上で、関係詞の方に入っていただけると分かりやすいかと思います!