Webishブログ

未経験からweb開発を目標に必死に勉強している人のブログ

最初の言語として選ぶ

プログラミング言語で一番最初に学ぶといいよ!という言語の論争は今なお絶えず進んでおられるようです。(他人事w)

 

では、僕の話をしたいと思います。 

 

 

 

Pythonを選んだ理由

 

僕はあまりどの言語がーーとかに興味がなかったのですw 2、3個紹介してるサイトを見て決めましたw

 

そのサイト達が言っていたことは、Pythonをやるのが一番!と言う事でした。

 

ほぉほぉ? となり、調べて行くと以下のような事が分かりました。

 

 

 

書きやすい

 

一番の理由はこれかもしれません。

 

Pythonの思想として、正解の道は一つで十分、いくつも正解があるのでは混乱を起こすだけというような気持ちが込められているようで、どのように書けばいいのか一目瞭然という事らしいです。

 

そうはいっても、Pythonで書くにしても書き方はいくつもありますし、いろんな言語やってる人からしたら、こう言う書き方の方が合ってるんだよ!とか言う人もいるでしょう。。

 

しかし、この理由は伊達ではなく、僕自身も勉強を進めて行く上で体感した事なので、間違いなく書きやすい言語であります。

 

 

読みやすい

 

似たような理由ですが、書きやすいと言う事は、逆にいえば多くの人がその書き方で書くため、必然的に似たようなコードが出来上がり、非常に読みやすいのです。

 

僕も勉強中、いろんな人のコードを見たりするのですが、このおかげで大分勉強が捗っています。

 

勉強しやすい言語って事に繋がりますので、初学者にも優しいと言う事でしょう。

 

 

できる事が多い

 

スクリプト言語と呼ばれるPythonは、webの世界でも大活躍します。

 

フレームワークとして、いくつか有名なものがあり、Django、Flask、Pyramidなどがあります。

 

これらを使えば、web開発も容易にできます。

 

そして、もちろんwebだけでなく、最近では機械学習などにも使われます。

 

AIや、ディープラーニングという言葉はよく聞く人も多いと思います。

 

僕はあまり機械学習の方は知らないのですが、Pythonが使われる事が多いと聞きます。

 

というのも、Pythonは数学的な処理にとても優れているらしいのです。

 

数学やってる人とかだとPythonをやってる人は多いのではないでしょうか

 

 

 

以上が理由になります。

 

僕自身、Pythonを好きになったのは、これらの理由もありますが、一番大きいのは

 

「なんか、名前がカッコよかったから」

 

でも、これも大事な理由だと思ってますw

 

感覚的なところで嫌悪感を抱いたら、先に進めませんしね。