Webishブログ

未経験から海外でweb開発を目標に、必死に勉強している人のブログ

僕の英語経歴について

スポンサードリンク

人の英語力を表現するのはどうやって表現したらいいのかいまいち分からないので、自分の英語力もどう表現したらいいのか分からないのですが

 

資格などで書くと、

 

英検準一級

TOEIC800後半

IELTS 6.0

 

程度というような感じになります。

 

ただ、実際は英検一級の単語や新聞用の単語などを勉強したり、高校の重箱の隅をつつくような英文法やら、留学で学んだスラングなどもあるので、これで全てかと言われるとそうでもないよと言いたい訳ですが

 

一応、人にも英語を教えている立場ですので、少し英語の勉強についても触れたいなと思います。

 

僕が英語を初めて勉強し始めたのは、高校を卒業して、大学入るまでの浪人期間です(実は浪人してますw)

 

当時の僕は、英語の「え」の字も分からなくて、日本語をそのまんま英語にしてました。

 

例えば、

 

「私はりんごが好きです」という文を

 

「I apple like.」といった感じに。(しかも冠詞とか、助動詞とか一切考えていない状態)

 

まぁ、これが僕の英語の勉強の始まりな訳ですが、それからここまで成長したのは他でもない、僕の英語の師の存在が大きかったです。

 

師は僕に勉強以上に、人生について教えてくれました。(実際その教え通りに生きてるかは分かりませんが・・・w)

 

そんな感じで僕の勉強が始まったのですが、それはそれは辛いものがありました。

 

毎日毎日、読んでいるのに成長しない英語力やら、上がらない点数に涙していました。

 

当時は、受験のための英語と考えていましたが、その師に出会ってからは英語を仕事で使いたいと思うようになりました。

 

どういった仕事があるかと考えたところ、通訳や翻訳が目につき、それから僕の夢はそちらに向かうようになりました。

 

ところで、知ってましたか? 英語を使う仕事というと(外国人がビジネスパートナーとかなら別ですが)、英語講師か、通訳か翻訳しかないんですよ。

 

いやー、世界は狭いですなぁ・・・。

 

でも、英語を使えるようになると世界が広く感じられます。日本という狭い世界にいなくてもいいという安心感(?)を感じる事ができるのが、唯一の救いです。

 

僕の英語経歴については、また次回に引き続きにします。

 

今回は、僕の力がどれくらいで、どういう出会いをしたかをメインに書きました〜。