Webishブログ

未経験から海外でweb開発を目標に、必死に勉強している人のブログ

少し更新が滞ってましたが、最近の気づき

スポンサードリンク

最近、よく求人を見たりする事があるのですが

 

当然、Rails関係の仕事を探したりしている訳ですが、やはり未経験には重い扉のようで、なかなか参入できる隙間がありません。

 

とりわけ目についたのが、経験3年以上といったものが多いと言う点。

 

さて、未経験なら特にそうなんですが、経験3年以上って実際どれくらいの能力なのか・・・と気になりますよね。

 

逆に言えば、3年の経験はないけれども、それに相当する能力があればいいという事ですよね。

 

ここは、未経験が参入する際、大きな障壁となる部分なので、調べてみたのですが

 

あるエンジニアの方にお話を伺ったところ

 

この3年というのは、一先ず

 

①HTMLファイルにRubyを導入する事ができる。

MVCの役割がある程度分かり使える。

③Databaseとの連携ができる。

④Gitを使ってバージョン管理がある程度でき、プッシュする事ができる。

⑤HTML/CSSに関して扱う事ができる。

⑥Herokuなどを使って、デプロイする事ができる。

APIを取り込んだ開発ができる。

 

こういった事が、割とスムーズに行う事ができて、かつデバックも行えるというのが、3年レベルの経験らしいです。

 

いやー、こうやってみるとなかなか未経験にはハードルが高いですが

 

もちろんこれは、3年以上の経験を要する人を募集している場合なので

 

未経験募集に関しては、これらが全て完璧にできると言う事はないそうです。

 

ただ、やはりそれなりに独学でも勉強してそれなりにできる人が来れば、できる順に取られるのは世の常ですね・・・。

 

独学でも、これらの事を少しでも触れた事があるようにした方が、参入するには楽なのかもしれません。

 

僕もまだまだ未経験で、これから参入しようと考えてる人間なので、ぜひこれを機に、未経験からの参入していく様をお伝えできればと思います。